産婦人科の夜勤専従看護師求人募集

*
看護師派遣会社ランキング > 産婦人科看護師 > 産婦人科の夜勤専従看護師求人募集

産婦人科の夜勤専従看護師求人募集


産婦人科病棟、産婦人科クリニックで働きたい

産婦人科では夜勤で働く事が出来る看護師さんを募集している事も多いです。
看護師求人のおすすめ紹介会社
病棟にも妊婦さんがいるでしょうし、出産を終えたママと赤ちゃん(新生児)もいます。

出産・分娩も行う産科では夜中に、

お腹の張りが酷くて・・・

陣痛が来たみたいで・・・

破水したみたいなんです・・・

と連絡が来ることも珍しくはありません。

24時間対応が必要となりますし、場合によっては病院に来てもらって安静にしたり、医師に診察をしてもらう必要性や、出産準備に取りかかることもあるでしょう。
場合によっては救急車の受け入れもあると思います。

生まれたばかりの新生児もいます。

新生児の状態によっては、集中治療室(NICU)で看護が必要になる事もあるでしょう。(規模の大きな病院の場合)
24時間体制での職場です。

そのため夜間も働く事が出来る看護師の確保がとても重要になっています。

常勤看護師や助産師さんがシフトで日勤、夜勤と勤務する事も多いですが、やはり体力的にも負担は大きくなりますから多くの病院の産婦人科、産婦人科クリニックでは夜勤専従看護師を募集しています。

夜勤専従看護師の雇用形態にも常勤での夜勤専従、パートでの夜勤専従とありますよね。

常勤での雇用のメリットとしては、仕事の責任は増しますがボーナス(賞与)の支給対象となったり、福利厚生面でが大きいといえるでしょう。

雇用する側としてはパート看護師の方が何かと採用しやすいため、募集が多くなってしまうのですが、働く側としては常勤での採用の方がメリットはあるといえるでしょう。

賞与や福利厚生などがしっかりある事を希望される場合には、常勤での夜勤専従看護師として応募可能な求人を紹介してもらったり、看護師紹介会社の担当コンサルタントに相談して、常勤での採用が交渉可能かどうかを打診してもらってみても良いと思います。

産婦人科 夜勤専従看護師の求人募集を見つけるには

病院の産婦人科病棟、産婦人科クリニックなどからの夜勤専従看護師求人を見つけるには、以下の看護師紹介会社の活用をおすすめします。

マイナビ看護師

医療ワーカー

ナース人材バンク

こうした看護師紹介会社を利用するメリットは、やはり応募を検討している病院やクリニックの情報を応募前に詳しく知ることが出来る、ということでしょう。

場合によっては、職場の雰囲気や人間関係、上司となる看護主任や看護師長、看護部長の人柄なども知ることも出来ます。

どんな人が働いているのかな?と言ったことはとても気になる部分だと思います。

看護師の転職理由として「人間関係」も上位に来るくらいですから、合わなかったどうしよう・・・と不安になる事もあるのではないでしょうか。

そうした内部情報も事前に知ることが出来るのは、ハローワークとは違う看護師紹介会社のメリットですよね。

周りを見ると、20代、30代の看護師さんは、こうした看護師紹介会社を利用する事が多いみたいです。

40代以降は利用するならハローワークかな、という方が多いようです。
もし産婦人科での夜勤専従看護師求人を探される場合には、上記でご紹介したような看護師紹介会社の活用も検討してみてください。


看護師派遣会社ランキング